• ブログ
  • キャンペーン
  • ダウンロードコンテンツ
有限会社クオリス
  • 044-422-8515
  • 歯科技工所 クオリス
  • 神奈川県川崎市中原区新丸子東2-896−36
  • アクセスマップ

技工物の製作工程

CAD/CAMシステムによる製作手順

CAD/CAM

コンピューターによる精密技工

クオリスでは、歯科医院から送られてきた患者様の歯型をもとに、かぶせ物の素材や調合の配分などを調整。患者様の歯となるかぶせ物を、ひとつひとつ丹念に手作業で作り上げていきます。その緻密で、高度な技術を必要とする作業工程をご紹介します。従来、口腔内に装着するインレーやクラウンなどの補綴物のほとんどが技工士の手作業で製作されていました。その製作工程の一部をコンピュータ制御で作製したものを歯科用CAD/CAMシステムといいます。


CAD/CAMでの基本的な技工物の製作手順

患者様の歯型をスキャナーで読み込む

患者様の歯型をスキャナーで読み込む三次元計測と設計(CAD)をおこない、コンピューター上に患者様の歯の情報を読み込みます。

材料ブロックをマシーン加工していきます

材料ブロックをマシーン加工していきます自動機械加工(CAM)により手作業よりも正確かつ確実な補綴物の製作ができるようになります。

マシーン加工後に研磨

マシーン加工後に研磨マシーンによる加工が終わったら、歯科技工士による手作業での丁寧な研磨が行われます。機械ではできない「超感覚的」作業で形と色をつけていきます。

技工所から歯科医院へ・患者様のもとへ

技工所から歯科医院へ・患者様のもとへマシーンによる削り出しと職人による調整・色付けが終わったら歯科医院さまのもとへ送られます。そして患者様のお口の中へと入っていきます。


クオリスのこだわり

歯=臓器の一部です。それに代わる大事な存在を丁寧に作り上げます

技工物歯を失った場合、または一部を修復する場合でも、歯は臓器の一部としてお考えいただきたいと思います。食事するだけに限らず、生きていく上で非常に重要な役割を担っています。噛めるという機能性と美しさを同時に叶えることできっと患者様のQOL(人生幸福度)は向上すると当社では考えております。

それだけ重要な役割を担う「技工物」は当然安全でなければいけませんし、永く機能するものでなければいけません。当社ではお口の中に入る第二の臓器を製作しているという大きなプライドがあります。責任をもって、一人ひとりへのオーダーメイドをおこなっていきます。